緑の山々 川のせせらぎ 広い空の下、今日も私たちは元気です
犬、の理由
2006年夏、入院している友人の見舞いついでに立ち寄った、名古屋の大きなペットショップ。



私の目的は 【鳥】 でした。



幼いころから犬との生活に憧れていた私、はっちゃん。
諸事情で飼う事が許されなかったものの、結婚して家を建て、ようやく念願の・・・と思ったら、ダンナからまさかのヨコヤリが。



“人生には<3つの坂>がある。
 < 上り坂 >、< 下り坂 >、そして < まさか >”



結婚式のスピーチでおっさんに人気のこのネタ。誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。
え?ない?
それは置いといて。
こんなトコで < まさか > に出くわすとは…恐るべし、人生。



理由はダンナの実家に鎮座まします柴のサクラ嬢。
彼曰く 『サクラの目が黒いうちはとても他の犬なんか飼う気になれない!!』 ですって。
知るかボケ!と突っ込みたいのを抑えつつ、ここは冷静に話し合い。



実は私、欲しい!と思ったものは“可能な限り早く”手に入れないと気が済まない、という病気持ち。
だからこの時の『冷静に話し合う』という行為を、当然!と思ってもらっちゃあ困りますヮ。
はっちゃんにとっては難易度Dの離れ技だもの。



ところがそんな離れ技を繰り出したにもかかわらず、ヤツの答えは同じ。
痺れを切らした私はトンデモナイことを言い出した。



『わかった。じゃあ鳥は?鳥ならいい??』


ちょ、ちょっとまて、なに言ってるんだ?わたし!


『・・・う~ん、鳥かぁ・・・鳥なら・・・』

いいんかい!



よォよォはっちゃんよォ~。なーんで 『鳥』 って言っちゃうかなぁ?
バカだねぇ。もうちょっと粘れば何とかなったかもしれないのに。



今思えば“何かを飼いたい!今すぐ!”という自分の欲望に負けちゃったんだな。きっと。
犬をあきらめたわけではなかったけど、『しかたない、今回は鳥で我慢しよう』って感じ?
ほら、鳥と犬なら問題なく共存できるもの。ね?
鳥も好きだし。うんうん。



そんなこんなで自分をごまかしながら訪れたペットショップ。
そこで真っ先に私の目に飛び込んできたのは・・・



モコモコした4本足のコロコロうごめく物体。
羽は、無い。



結局私は 『鳥』 より先に 『犬』 に出会ってしまったのだ。
こうなったら誰も止められない。
私も止められない。
モコモコ・コロコロを抱き上げた私に、同行した友人がささやいた。



『…鳥科のイヌってことで。』



帰りの車の中、早々“もも”と名づけた私たち。
もう・・・こうなったら・・・



DVC00032.jpg

・・・とりあえず飛べ!!





banner_02.gif   ← 登録してしまった愚かなはっちゃんを、どうぞ応援してください

にほんブログ村 犬ブログへ  ← そしてどうか励ましてください
|未分類 | comment(5) | trackback(0)

| HOME |