緑の山々 川のせせらぎ 広い空の下、今日も私たちは元気です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |

大改造!! 劇的 ラジバンダリ

どうもどうも。 はっちゃんです。





前回は 『 早く小梅の成長した姿を見せろ 』 等等、

非難轟々のコメントを多数ありがとうございました。



感激で胸がいっぱいだったり、熱くなったり、ラジバンダリ。







就寝中

・ ・ ・ ツッコミ募集。





で。

この梅雨の中休み、 小梅にスネを舐められながら、

アナタの期待に応えたり、応えなかったり、ラジバンダリ。







起きかけ

・ ・ ・ もしかして ・ ・ ・ 知らないのか? “ラジバンダリ” 。





ところで奥さん。

整理整頓はお好き?




はっちゃんは決して掃除好きではないけれど、

モノが出てるとイヤだったり、イライラしたり、




















襲撃

『 リ 』 しか合ってない。





そんなわけで現在の小梅登場。  顔出しNG。





整理整頓の話に戻すと、

小梅が来た当初は







もも小梅部屋

こんな感じでそれぞれのサークルを分けていた。





小梅にも落ち着けるスペースがあったほうがいいだろうし、

何より、ももが小梅に何をするか分からなかったから。





が。





何をするか分からないのは、怖いもの知らずの小梅のほうだった。





ちょっとづつ慣らそうとサークルから出すと、







給水

ひとんちで勝手に水を飲んだり







排出

排出したり







おもちゃを・・・

おもちゃを







・・・奪われる

奪ったり







小梅アタック

アタックしたり。





・ ・ ・ そこのアナタ。




いつ 『 ラジバンダリ 』 が出てくるかと待ってたでしょ。   くす。





おかげでへっぴりももは、

小梅が唯一立ち入れない場所







仕返し

ソファの上が指定席と相成った。





*****************************


と、ここでマジメな話。


今だから言えるけど、
小梅を迎えて最初の1週間は大変だった。


私たちの想像以上に、ももは過大なストレスを受け、
嘔吐・下痢が続いた。


もちろん最初から小梅をフリーにしていたわけじゃない。
徐々に徐々に慣らすつもりだった。


でも ももは、小梅がサークルから出るたび、
つきまとう小梅から逃げるようにソファーに上り、
トイレにも行けず、何度もオモラシをするように。


おーちゃんはどうか知らないが、
はっちゃんは小梅を連れてきたことを一度も後悔していない。


ただ、ももに対しては罪悪感でいっぱいで、
この頃は ただただ ももに 『 頑張れ! 』 と励まし、
一日も早く仲良くなってくれることを願うばかりだった。



【これから多頭飼いを考えている人へ】

多頭飼いは楽しいです。
ただ、大変なこともたくさんあります。

正直、 『 運 』 としか言いようがない部分が多いけれど、
先住犬の性格をよく考えて、
また、ご自分や家族がしっかりフォローしてあげられる環境にあるかを考えてあげてください。

さくら@さんのもうひとつのブログ、
犬ってこんなに大変なの?!
の中にも、多頭飼いについての有効なアドバイスが載っています。

新入りを迎える前に、ぜひ一度のぞいてみてください。

はっちゃんも大いに参考にさせていただきました。  さくら@さん、ありがとう。


*****************************




そんなこんなで、山あり谷ありラジバンダリな もも小梅。





今では







就寝中×2

こんな姿も見られるように。





で。





再々度、整理整頓 → サークルの話に戻すと、



① ふたつのサークルの色にまったく統一感がないのが腹立たしい。

② そもそも このサークル、必要か?



との理由により、1ヶ月ほど前に撤去。





いかに もも小梅にとって快適に、

いかに はっちゃんにとっても快適に、




と、撤去前から悩みに悩んだ挙句、



もものサークルがあった場所は







カプセルホテル

なんということでしょう。                          ← ビフォーアフター調 ここから




ただの檻付きトイレと化していた、大きさだけは一人前のサークルが、

さながら楚々としたカプセルホテルのようになったではありませんか。



下に敷いたすのこも、夏の暑さや冬の寒さを和らげてくれることでしょう。





そして小梅のサークルがあった場所は







システムトイレ

様々な機能を兼ね備えた、システムトイレに。




大きくなったトイレ。

散らかっていたおもちゃや衛生用品などをひとつにまとめられる収納。







全体図

犬にとってもヒトにとっても、それはそれは快適な空間に生まれ変わりました。   ←ここまで





てなわけで。




この数ヶ月間、

ブログの更新もせず

ひたすら頭を悩ませた もも小梅スペースも






ようやく満足出来たり、








見せびらかしたり、










カジラレタリ

カジラレタリ。




おあとがよろしいようで。



スポンサーサイト
|未分類 | comment(108) | trackback(0)

気がついたら ・ ・ ・
1ヶ月経ってました ・ ・ ・ 。





どうもどうも。


会社員だったら即刻クビの、サボタージュ・はっちゃんです。







制服

制服をはぎ取られるダメOL ・ もも。





でなくて。







入浴もも

そーゆーコト。





というわけで、今回は遡ること約半年。

新入り・小梅を迎えたときのモロモロ。  ちょい長め。




当時さくら@さんのブログで紹介していただいたので、

覚えてる~という方もチラホラいらっしゃるかしら。





1月14日。


心はどうだか知らないけど、
とりあえず身だけは清めたももを連れて、おーちゃんと3人で大阪へ。





大阪=さくら@さん、という図式が出来上がっていたはっちゃん。




ももを迎えた時に、さくら@さんのもうひとつのブログ

犬ってこんなに大変なの?!

を、それはそれは参考にさせていただいた。




その後、自分でブログを始めて間もなくランキングにさくら@さんを発見。




嬉しくなってお礼のメールをしたことから始まり、

一度お会いしてみたいと思うように。




そして今回、チャンスとばかりに突然メールを送りつけた。  しかも前夜。







ゆずっち

・ ・ ・ すみません。





しかし、そんなヒジョーシキなはっちゃんを

さくら@さんご一家は温かく迎えてくださった。





実際にお会いしたさくら@さん。



とても高校生の娘さんがいるようには見えないほど若く、

はっちゃんが想像していたよりずっと細くてキレイな方。

あの辛口コメントする人と同一人物かしら・・・と思うほど とても優しく、親切にしていただいた。



何より驚いたのが、さくら@さんの愛犬 『 ゆずくん 』 の、

さくら@さんに対する愛情と信頼の深さ。



もう、何が何でもかーちゃん命。







かーちゃん命

この瞳。 たまらん。





さくら@さんもまた、それに値する愛情と信頼を、

ゆずくんに注いでいるんだろうなぁ ・ ・ ・





と、感動したのもつかの間。





そんなかーちゃん命のゆずくんに、

過酷な試練を与えた、はっちゃんよりヒジョーシキな輩が1名。







熱視線

・ ・ ・ 怖い。





熱心に観察したかと思えば







追跡

逃げるゆずくんを執拗に追いかけ ・ ・ ・







追跡2

追いかけ ・ ・ ・







追跡3

追い詰める ・ ・ ・ 。





あんた確か、

『犬見知りで、他の犬と仲良くできない』 んじゃなかったっけ。





おまけに







わいせつ大臣

なんてハレンチな。   飼い主の顔が見てみたいわ。





結局、さくら@さんちでお昼までご馳走になり、

乗ってきた車を置かせてもらったうえ

さくら@さんの車で目的地まで連れて行っていただけることに。





やってきたのは大阪市内にある、DogShopMOCOさん。





去年の秋ごろから 『 もう一匹迎えたい 』 と思いだし、

ネットでブリーダーさん探しをしていたはっちゃん。




話せば長くなるけれど、

数あるブリーダーさんの中で 『 ここ! 』 と決めたのは次の2点。





①お店の方針に惚れた。

②この写真に








小梅

小梅2

 惚れた。





すでにはっちゃんの中で 『 小梅 』 と名付けられていたその仔は、

おーちゃんの膝に乗せられ、身動きもせずじっとしていた。




ちょっと緊張してたのかな。







おーちゃん&小梅

こら。







ご対面

こらこら。






ゆずくんはと言うと、

小梅を抱っこしたさくら@さんに張り付いて離れない。







ゆず&小梅

・ ・ ・ 。





ちょうどこの時、MOCOさんを巣立った子が、お里帰りで遊びに来ていた。

ティンちゃんとひめちゃん



こうしてお客さんにも愛されるMOCOママさんの人柄が最終的な決定打となり、

小梅を連れて帰ることに。





その後、さくら@さんと大阪方面の方のブログでよく見かける







dog-freak.jpg

DogFreakさんへ夕飯を食べに行き、

再びMOCOさんへ小梅を迎えに。




平成19年10月25日12時15分、

1男3女の長女として、150gで生まれた小梅を

この瞬間まで大切に育ててくださったMOCOママさんに







MOCOママ&小梅

・ ・ ・ お別れをして、帰路へ。





道中、小梅はひとことも発することなく、居るのか居ないのかわからないぐらい静かだった。

ももは疲れたのか、はっちゃんの膝の上でぐっすり眠っていた。




そして無事我が家へ到着。







到着後

悪かったわね、イナカで。





早速用意していたサークルに小梅を入れると、ももの様子がおかしい。


どうやら車中の小梅があまりに気配を消していたため、







到着後2

一緒に帰ってきたとは夢にも思っていなかった様子。




そんなこんなで、







気がついたら








ひとり増えてました




おあとがよろしいようで。





*****************************



さくら@さん、ご家族の皆さん、
MOCOママさん、ティン&ひめママさん、
その節は本当にお世話になりました。 ありがとうございました!


このブログを見に来てくださっている皆さん、
いつもながらコメント返しも訪問も出来てなくて本当にスミマセン。
でも叩かないでください。 ガラスのハートだから。



|未分類 | comment(83) | trackback(0)

| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。